アナーキー イン マイ ライフ

カナダワーホリ ➔ MLB全球場制覇 ➔ 南米 ➔ ??? チキンハート野郎の見聞録!

ホームステイは無理だったの巻 その2

これは俺のホームステイ体験談である。(ちょい長め)

 

ホームステイに過度な期待を抱いているそこのあなた!

泣き濡れた夜は数知れず!

便秘と下痢に悩まされた日々!

自分の部屋で過ごす無駄な1日!

人間なんてらら~ら~らららら~ら~な憂鬱な夜!

いってみよー!

※ホームステイがダメとは決して言いません。

 

 

ホームステイ タイ米☆パラダイス編

お世話になった家庭はフィリピーノ。

軽く挨拶を交わし、いざ部屋の案内とルール説明へ。

大体予想はしていた。

シャワーは15分、22時までに。飯いらないときは連絡。

動画とかのダウンロード禁止。洗濯は土日どっちか週1でなどなど。

 

部屋はこじんまりとしていた。

光が差し込まない寒いベースメント。

ベッドに横になるとはみ出る足。

椅子に腰掛けると少しづつ動く斜めの床。

独房かな?まじ不安☆

 

こうして俺のホームステイ生活は始まった。

 

俺と話さないときは基本タガログ語

ってか素人の俺でもわかるたどたどしい英語。

ホスト「アアイアー何て言うんだっけ・・・アーン・・・ヌゥーン・・・忘れちゃった。」

まじ不安☆

 

食事はまぁ悪くない。3食ちゃんと作ってくれたし。

好きな時間に作ってくれたものを食べるスタイル。

なので、みんなでって訳ではなかった。

奥さんが料理好きということもあっていい方だったかな。

しかし許せない。

明らかに水分調整しくじってる硬いタイ米。しかもエブリデイ。

そしてバナナがインしてる謎のスープ。

味っ気のない鶏肉。

そもそも量が少ない。

そして俺はこっそりキッチンに忍び込み、チョコブラウニーを食べた。

 

部屋がとにかくくそだった。

この頃にはだいぶ俺の不満も溜まっていたので、エージェントを通して部屋を変えてもらえないかとお願いした。

あとシャワーが弱い。

日本と比べるつもりは毛頭ないが、それにしても弱い。

ベースメントにあったので、言わば俺だけのシャワールーム。

家族が使ってるシャワールームを使わせて欲しいと併せてお願いした。

幸いなことに、同時期にブラジルからの留学生が来る予定だったらしいが、ビザでしくじったらしく来れなくなったとのこと。

その部屋に移動の許可が下りた。シャワーもいいよとのこと。

いよいよ釈放される。

差し込む光とダブルベッド。(最初からこっちにしろや!)

そして、期待を胸いっぱいに膨らませてシャワー浴びるも変わらない水圧。

俺はひどく落胆した。

早々に次の家を探し、さっさとこの家から離れる決意をした。 

 

2週間経つ頃、俺はだいぶイライラしていた。

なんせ慣れない異国の地、しんどい学校、そしてこの家である。

部屋に籠ってRadioheadを聴くのはもうごめんだ。

次が無事決まっていたので、1週間早めに出た。

前夜に親父と歌ったHey Judeは忘れない。

感動のお別れの欠片もなく、あっさりとお別れした。

 

ホームステイ 加速する引き籠り編

次の家はe-Mapleで探し、見学して決めた。

カナディアンの旦那さんと日本人の奥さんと可愛いベイビー。

同じベースメントでもここまで違うか、と思わせるような温もりのある部屋。

シャワーもいい感じで夜中もOK。門限なし。

即決だった。

ただし、次の入居者が決まっていた為20日間だけ。

  

朝は自分で、弁当は夕食の残りを詰めて持っていく。

夕食は呼びに来てくれてみんなで食べる。

肉多めでたまに手作りの寿司。

前の家と比べたら月とうんこである。

夕食時には、話を振ってくれるも聞き取れない俺。

明らかにゆっくり話してくれているし、難しい言葉は使っていない。

しかし聞き取れない、答えられないという悶々とした日々。

奥さんが通訳してくれるもそれが腹立たしい。

もちろん自分に対してだ。

何回か宿題の質問をしたりしたが、不思議なことに壁を作っている俺がいた。

優しく接してくれている。気を遣ってくれている。

なのに何故か積極的になれない俺がいた。

完全に自分のせいである。

自分の気持ち、言いたい事が言えないもどかしさ。

徐々に会話する機会を自分で減らしていった。

結果、俺は引き籠った。

 

そんな日々が続き、あっという間に引っ越しの日。

楽しいとは言えないが、満足だったしお世話になった。

何より申し訳ない気持ちで一杯だった。

しかし、得られたものは大きい。

圧倒的勉強不足。これから何をすればいいかわかったことが収穫だった。

 

 

以上が俺の体験談。

盛ってもないし嘘もついてないよ!

俺みたいな引き籠り体質の人は要注意かな。

英語さえ・・・英語さえできればっ!

と思っていたけど違うよね。

自分から話す、会話を広げていく。

英語ができないなんてホストはわかってるよ。

他人任せじゃダメね。話しかけてくれるのを待ってちゃダメね。これ俺ね。

 

英語のせいにしてたら何も変わらないZE☆

 

その後、ゲストハウスで10日間過ごし、今のシェアハウスに住んでいる。

忘れられない経験になったなーホームステイ。

 

 ⇩⇩⇩ クリックして頂けると喜びます!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村